部員紹介


山崎健右 2

 この人は偉大な先輩である。

部員、マネからの人望が厚く、また、野球への愛情は人一倍ある。練習後に素振りをする姿、試合で結果を出せず悔しがる姿は僕達に勝利への意思を示してくれている。
一緒にプレーできるのもあとわずかだと思うと寂しいが、最後に自分の納得のいく結果を出してほしい。
いいこと書きすぎた、この人はド変態である。

東郷建世 18

 ♪ 西郷じゃねえぞ   オレは東郷

行くぜ準硬   Here We GO!
行かねぇ一限   落ちるぞ試験   
したるぜ留年   見せろ再現
本職ラッパー 成績Upper じゃなく底辺
サボってやるぜ   講義ポリクリ
イジってイカすぜ  乳首とクリ
足りねぇのは   いつだって万札
飯タカられても   奢るでゴワス
怒らねぇオイラは   薩摩の菩薩 ヒェア!

 

伊藤博崇 9

 奔走した幹部生活を終え、とうとう5年目を迎えた扇の要。

おおらかな見た目とのんびりした喋り方からは想像もつかないくらい、野球にアツい漢である。
その燃える心で、最近は影を潜めがちな下ネタ活動日記にも精を出していただきたく早漏。

加藤健太郎 3

 今年でようやく最年長となった前主将

今年は主軸としてチームを西医体優勝へと導くことができるのか?
はたまた、満身創痍の体となりメンヘラ老害おじさんとなってしまうのか?
今後の彼の活躍に期待がかかる。

安部太智 6

 Am I 太智? 

No!!!!  I'm  マラ男!
マラマラ6本big dick
マラで今まで生きてきた
21年マラ一筋
でもこれからはマオ一筋
僕、結婚します

今井健登 10(13)

主将に、西医体の評議委員をこなす傍ら、日課のオ○ニーも欠かさない準硬のピュアJ民。
西医体優勝を目指し、秋には3部リーグに昇格したこのチームを、プレーで声で引っ張っている。
勝負の一年、その名の通りに健やかに登っていってほしい。

 


岩瀬瞭 8

 堅実な守備と巧打を持ち合わせているが、乳首つきの技術にも目を見張るものがある。部員への一寸狂わぬその突きで、新たな世界へ導いたこと数知れず。

 部活の面でも、卓越したミート力でチームを引っ張り、新たな世界へ導いてほしい。

梅村賢太 38

 準硬SNSの裏社会のトップに君臨するネット狂人。リアルではただのコテコテの東海生かと思いきや、後輩マネ2人とプリクラを撮るなど狂人ぶりは止まることを知らない。

この勢いに乗って、野球初心者ながらもレギュラーを奪取する日も近い。かもしれない。

近藤雅嗣 5

 大学では野球をする気満々で、同期入部1番乗りを果たしたほどの野球大好き少年こんちゃん。

 もともと安定感抜群だった守備に加えて苦手な打撃も向上し、外主務の仕事も完璧にこなすなど、チームを引っ張る存在になる……のかと思いきや、すぐう◯こネタに走る、自分の名前をムサシだと言い張るなど頭の弱さが目立ち始め、少年どころかただのクソガキに退行。内面の成長が待たれる1人である。


下田敦宏 23

 こんにちは〜(低音)くぅ〜!アイドルを追いかけて脱北したのになんで引退してんだぁ?おかげで出家して筋肉ダルマになっちゃったじゃないですかぁ。おい何笑ってんだぶっ殺すぞてめぇ!!!!

と、私生活では裏切りにあってもチームの期待は裏切らない大エース。持ち前の筋肉、ギャグセンス、天然パーマでチームを勝利に導いてくれ!

溝口遼太郎 24

 浜松から来たかえる。最近、かえるからおたまじゃくしに退化し、またかえるに進化した謎の生物。試合中もベンチでファウルフライを頭に当たるなど謎の行動が多い。おったまげ~

小野島功 21

 最近信者を増やしつつない新宗教の教祖。

全てはエリカ様の名の下に。エリカ様が我々を守ってくださる。
集合時間に少しくらい遅れても守ってくださる。
肩が多少弱くても守ってくださる。
厨キャラでイモっていても守ってくださる。
NB→DA、下Bさえ使っていれば空中攻撃を使わなくても守ってくださる。
公安に目をつけられているのは言うまでもないが、家に女一人連れ込んだことのない男である。悪いやつではない。

 


金谷和樹 15

 安定したピッチングが売りの投手。今はファーストミット貸出店として安定した収入も得ている。
 可愛いルックスとは裏腹に イキル キレる ウェイになるなど多彩なキャラを持っている。そんな彼の八方奇人とも言えるようなキャラは今後も増え続けることであろう。

左合央明 35

準硬が誇る紳士。彼が語る哲学はたぶん、多くの人の共感を呼んでいる。また、様々な面で某ムガル店員を師と仰いでいるようである。今後も車出しにおける、極寒のMT車での圧倒的ドライビングテクの披露に期待したい。

 

林勇作 14

準硬の"nice guy"!うひょー 

日にち数えて"タイムライン"は"大渋滞"!(あおたーん!)YEAH!守備に打撃に走塁にレベルはまさに"It's so high"!
俺への不安なんて"必要ない"!
俺に任せろ、"It's all right"!
プレーでも声でもチームを鼓舞する勇作から今シーズンも目が離せないっ!
So, It's show time!

 


廣田創紀 17

 肩と腰が悪くて投げられない、練習中に下ネタを叫ぶ、ミーティング中に奇怪な行動に走る、先輩に平気で毒を吐く、ユニフォームを忘れるなど、問題点も多々見受けられるが、やる時はやる男。

数井駿佑 25

乳首兄弟の弟。あの小野島を兄貴と慕っている。野球ではまだ兄貴には追いつけていないものの、私生活では女子を家に泊めるなど、兄貴をも凌ぐウェイである。私生活での勢いを野球で活かせるか、楽しみなところ。ちなどうである。

 

島崎隆 20

  大人しそうな外見とは裏腹に性格は凶暴。去年は先輩、教授に逆らい、挙句の果てに警察に逮捕された。今年はその攻撃性を試合に向け、相手チームをかき回してほしい。


高橋大樹 1

彼ほど一年で評価を下げた男はいるだろうか。入部当初はその甘いマスクや京都弁、ミスドでバイトするというあざとさ、野球では堅実な守備とその細身の体からは想像もつかない長打力で「抱かれたい男ナンバーワン」だった。しかし、今では「ハゲ」「話がツマラナイ」「ただの巨乳好き」等散々の言われよう。
この一年で、かつての栄光を取り戻せるか。

萬徳圭亮  4

風貌、雰囲気、マネとの距離を自然に詰める上手さなど圧倒的陽キャ感を出しながらも、ポケ廃かつコアなラブライバーとゲーマーの一面も持つ豪腕投手。一年生にして西医体でも登板するなど大器の片鱗は見せたが、粗い部分も多かった昨年。登板機会も増えた今年は、誰もが認める真のエースへの道を歩んでいってもらいたい。

宮島遼也 19

野球歴1年にしてスタメンを勝ち取った才能と努力の申し子。浮いた話は聞かないが、皆が認める打力で夜の三冠王も遠くないのでは。これからも、様々な場面でりょうや100%を見せつけてくれるのか、期待が高まる。


上岡優介

東海野球部から来た期待のルーキー左腕。
かつてないスピードで準硬に入部し、その爽やかな外見と礼儀正しさで、早くも皆を虜にしている様子。
偉大なOBの背番号を受け継ぎ、練習では声でチームを盛り上げている。
その盛り上がった雰囲気のように、彼の下岡が盛り上がる日は来るのだろうか。
また、野球への情熱は人一倍であり、これからの活躍が期待される。
夏目健太郎
凛々しい顔つきの好青年
どんな性格かはまだわからないが豪傑みたいな感じだろう。そんな気がする。
熱心な練習態度から野球においての活躍はもちろん、ノリの良さにも定評があるため、これからの飲み会や私生活にも期待がかかる。

西村智貴

四日市からやってきたひょっとこ高校野球児。
1学年上のまんまんとは同級生である(あっ察し…)。肘のケガ持ち、女好き、眉毛が太い、女好き、チェックシャツ着用、女好き、など先が思いやられるが、人手不足の内野の救世主として活躍して勝利に貢献できるか期待が高まる。

久林大祐

「あの」東海高校の二枚看板の1人という触れ込みで入部した期待の右腕。参加初日からぶっ倒れるまで練習に取り組むほど真面目な好青年。その風貌から、早くも小野島数井兄弟の三男入りが噂されているが果たして…?

 

余語俊哉

走攻守すべてにわたり、卓越した能力を持つ期待のルーキー。林勇作先輩のラインを無視するなど早くもセカンドのレギュラー争いに先輩を敵対視するという攻めの姿勢を見せている。
 一方、マネージャーからは可愛いと慕われ人気を集めている。そんな彼に嫉妬心を抱いている先輩も少なからず。これからは部員をとるのかマネージャーをとるのか、気になるところである。

緒賀真生 51

安部のポケモンを制御出来る唯一のトレーナー。その為か他の部員を若干バカにする傾向がある。でもなんだかんだ仕事は出来るので皆に信頼されている良いマネージャー。


清水綾子 58

 I think構文を巧みに操る準硬のマドンナ笑 某氏が消えた今、話題性はぶっちぎりであり移動の車の中はいつも彼女の話題でもちきりである。持ち前のパリピ力で準硬をウェイ集団に変えてくれるだろう笑

わたしぃ、、おもうんですけどぉー、、、、、、

鈴木麻友 67

入部当初はただの高嶺の花子さんだと思われていたが、その皮もいつの間にか剥がれてしまった。ただ、彼女が笑顔で草と言ってる姿を見て癒されている者もいるに違いない。その笑顔で選手のモチベーションを高め、西医体優勝の影の立役者となってくれるだろう。

中島美来 64

「男子校率驚異の60%」を誇る準硬に彗星の如く現れた女子校出のお嬢ちゃん。皆「目がない」「デブさん」「ポンコツ」と言うが、その実、皆みくさんの手のひらで転がされていることに気づいていない。

「みく先輩」とランクアップした今年、彼女活躍や如何に。

渡邉葵 63

鋭い一言が売りの岐阜系女子。YouTuberをこよなく愛す一方で、子供はうるさいから嫌いらしい。

 

兼松琴梨 

純粋な笑顔で部員を癒す今年期待のマネージャー
しかし、某先輩の推薦で飲食店のバイトを始めるなどすでに準硬に染まりつつある。
ここから、「ほーん」や「草」と連呼し語彙力低下していくことは間違いないだろう。

高田真衣

「わたしー名古屋に来た時、か、なんちゅう騒がしいとこながけ!と思ったがですけど、これからは慣れれるように頑張りたいと思います。」とでも言っていそうであるが、そんな呑気なことを言ってる暇はない。ノンケ部員とともに駆け抜ける青春はのっけから濃いものになること間違いなし。
 木曽路店員として働き始め、はやくも葵一家への仲間入りを果たした。これから彼女のキャラはどう豹変していくのか。キツイのはやめてほしいものである。